オオツカ・プラスワン メールニュース|2017.5.12号
こんにちは。オオツカ・プラスワンの井上です。
そろそろ健康診断や人間ドックを受診するという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
受診の直前に不摂生を控えるだけでは、なかなか結果はよくなりません。長期的に食生活を見直し、健康診断・人間ドックに臨んでみませんか?そんな方にピッタリの「食生活サポートセット」を数量限定で発売中です。体重や体脂肪・筋肉率なども計れるコンパクト体重体組成計付きで、変化を楽しみながら続けていただけますよ!
 謹啓 麦秋の候、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
メールでのやり取りが多くなった昨今、このような時候の挨拶を書くことは少なくなりました。しかし、改まった手紙や、仕事上の案内状などを書くときには覚えておきたいものです。
 ところで、「5月の今頃に“麦秋”はないでしょ」と思った方はいませんか?実は私も以前から不思議に思っていたので調べてみました。“麦秋の候”は「麦が色付き収穫できる季節」という意味で、5月下旬から梅雨前の6月上旬までに使うのが正しいそうです。今年も間もなく“麦秋”が訪れます。一年の内のほんの短い期間だけ使うことができるこんな言葉をさらりと使えたら素敵ですね。
 麦は、古代ローマ時代より豊穣の象徴とされていて、ヨーロッパの人たちにとっては特別なものでした。そのため、ジュエリーや小物のモチーフに使われることも多く、ココ・シャネルはラッキーアイテムとして、自身のデザインやアパルトマンのインテリアに取り入れるなど、いつも身近に置いていたようです。
 日本では、近頃、大麦の健康機能成分が注目されています。大麦はビタミンB1を多く含むことから、かつては脚気予防の食材として人気でしたが、現在、脚光を浴びているのは、水溶性食物繊維「β(ベータ)- グルカン」です。
 平成25年、(公財)日本健康・栄養食品協会は、大麦β-グルカンの健康機能について、さまざまな研究を精査し「コレステロールの正常化」「食後血糖値の上昇抑制」「満腹感の持続作用」といった効果が確認できたことを発表しました。
 特に「食後血糖値の上昇抑制」は、大麦β- グルカンが水に溶けてゼリー状に固まる性質によるもの。消化中の糖質の吸収が緩やかになり、血糖値の上昇を抑制すると言われています。
麦から作られる美味しいものはたくさんありますが、これからの季節にはなんと言ってもビールですね。でもいくらおいしいといっても飲み過ぎには注意しようと思います。
※ビールは精製過程でほとんどのβ-グルカンが取り除かれてしまいます。

<参考>
農林水産省WEBサイト特集1麦(5)
オオツカ・プラスワン セレクトショップ 大塚製薬の公式通販
大塚製薬の公式通販 オオツカ・プラスワン
オオツカ・プラスワンのメールマガジンは、下記のお客様へ配信しています。

●オオツカ・プラスワン会員の方
●メールニュース会員の方


※このメールはインターネットに接続した状態でご覧ください。
※ご利用のメールソフトの種類により、正しく表示されない場合があります。

会員登録・変更について
ID・パスワード・その他に関する質問
個人情報保護への取組み
配信停止をご希望の方

発行:大塚製薬株式会社 オオツカ・プラスワン
〒108-8242  東京都港区港南2-16-4
品川グランドセントラルタワー