女性ホルモンを増やす方法ってあるの?女性ホルモンのホントのところ

マイページログイン

5,000円以上で送料無料

買い物カゴ
女性ホルモンっていったい何?女性ホルモンの種類は?女性ホルモンを増やす方法はあるの?
知っておきたい!女性ホルモンのホントのところ
  • 女性のリズムに関連する女性ホルモンとは?
  • 年齢と共に減少する女性ホルモン
  • 女性ホルモンをコントロールする方法
  • −コラム−女性ホルモンに似た働きをする成分
女性の美と健康に関わる重要な「女性ホルモン」。
でも、女性にとって大切なことは何となく知っているけれど、正直よく分からないという方も多いのではないでしょうか?
「女性ホルモンってそもそも何?」「女性ホルモンにはどんな種類があるの?」
「女性ホルモンを増やす方法はあるの?」など、多くの方が思う様々な疑問。
特に年齢を重ねた40代以降の女性が感じる心身の変化には、この女性ホルモンが大きく関係しています。
ホルモンバランスを整えたり、活性化させたり、あるいは女性ホルモンに似た働きをする成分を摂ったりすることで、女性ホルモンバランスの乱れに対策することができます。
よく、このホルモンバランスの乱れに対して、女性ホルモンを増やすという対策を考えられる方もいらっしゃいますが、実際には女性ホルモンを増やす事はできませんし、過剰な女性ホルモンは健康を損ねることも。
女性ホルモンを増やす方法ではなく、ここでは身近にできるオススメの“ホルモン対策の方法”をご紹介致します。
まずは知っておきたい!
女性のリズムに関連する女性ホルモンとは?

ホルモンは体内で分泌される物質で様々な器官や組織をコントロールしています。人間のカラダには数多くのホルモンがありますが、女性特有のカラダつきやカラダのリズムに大きな影響を与えるのが女性ホルモンです。
この女性ホルモンは卵巣から分泌されるホルモンで、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があるのをご存知でしょうか?

エストロゲンについて

女性らしさに関わる
卵胞ホルモン:エストロゲン

代表的な女性ホルモンであり、女性らしいカラダをつくるホルモンがエストロゲンです。肌や髪の潤いを守ったり、女性特有の丸みを帯びたカラダをつくったり、女性のカラダ全体の健康を支える役割も果たします。また、脳や自律神経にも働きかけるため女性の心身に大きく影響するのが特徴です。

妊娠をつかさどる
黄体ホルモン:プロゲステロン

プロゲステロンは受精卵の着床のために子宮内膜を整えたり、基礎体温を上昇させたりする働きがあるなど、妊娠維持に活躍します。
体内に水分を保つ作用もあり、生理前に体に変化が現れるのは、プロゲステロンの働きと言われています。

プロゲステロン

この2つの女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」は、月経と連動し、 一定の周期でそれぞれの分泌量のバランスを変化させます。
まず生理後はエストロゲンが一気に増加。
ピークを迎えた後、減少しつつある時に排卵が起こります。
一方、排卵前から少しずつ増加していたプロゲステロンは、排卵後エストロゲンと共にさらに増加しますが、生理前にはその両方が減少します。この周期は約28日というスパン発生しますが、この「エストゲン」と「プロゲステロン」の分泌量バランスが変化したときに、女性の心身に変化が現れます。

ホルモンの変化
年齢と共に減少する女性ホルモン
エストロゲンの変化

2つの女性ホルモンの中で、特に“女性らしさ”に関連するのが「エストロゲン」。
女性が一生のうちに分泌する女性ホルモンの量は、ティースプーン1杯ほどと言われています。そのわずかな量に、女性の美と健康が関与しているのです。
そして結論として言ってしまえば、この女性ホルモンを増やすことはできません。
なぜなら、その分泌量は年齢と共に大きく変化し、そのピークは20代後半から30代前半。
30代後半になるとその分泌量は徐々に低下をはじめ、その後は減少を続けるのみ。
卵巣の中の卵胞が減り、特に閉経前後の45〜55歳には激減していきます。
「イライラ」「不安感」「急な汗」など「なんだかいつもの自分じゃないみたい」と感じる、女性特有の“ゆらぎ”が起こるのはこの頃です。さらにこの年代は生活環境的にも家庭や仕事で、疲れやストレスがたまりやすく、若い頃のようにムリが効きにくくなるためホルモンバランスが乱れがちです。
女性ホルモンの分泌量は年齢的な衰えに加えて、生活環境に左右されやすい繊細なものと考えましょう。
逆に言えば、この女性ホルモン減少に対しての対策をしっかりすることが、“ゆらぎ期”の緩和にもつながるのです。

女性の美と健康をサポートする商品特集
女性の美と健康をサポート!

40代以降の女性の“ゆらぎ”期に。
減少する女性ホルモンへの対策には、
サプリメントや食品でプラスON!

女性ホルモンをコントロールする方法!

女性ホルモンの分泌量は年齢と共に減り、50代後半になると、卵巣はわずかな女性ホルモンしか分泌しません。
何らかのタイミングで女性ホルモンが増えることもなく、女性ホルモンは年齢と共に減少を続けるのみ。
前述の通り、この減少した女性ホルモンを増やすこともできません。
一方で、この女性ホルモンの減少に対しての様々な対策は可能です。
まず重要なのは規則正しい生活を心がけ、バランスの良い食事を摂るといった日々の積み重ね。そして、女性ホルモンを増やすという考えではなく、「女性ホルモンをコントロールする」「女性ホルモンを補う」という考え方を持つこと。実際に、女性ホルモンを補うという観点で、“女性ホルモン補充療法”や“女性ホルモンに似た働きをする成分を摂取する”といった方法もあります。
加えてここでは、自分で手軽にできる対策をご紹介します。

バランスの良い食事その1
バランスの良い食事 そもそも、女性ホルモンを増やすような特別な食事は存在しません。 ですが、栄養バランスの悪い食生活は、女性ホルモンにも良くありません。 肉や魚、大豆のたんぱく質、野菜、炭水化物、少量で良質な油をバランスよく摂るよう心がけてください。 特に良いとされるのは、納豆や糠漬けなどの発酵食品、ネギ、ゴボウ、バナナなどのオリゴ糖、食物繊維などを多く摂取して腸内環境を整えること。食生活を和食中心にしてみることもオススメです。
良質な睡眠その2
睡眠 睡眠不足になると、自律神経のバランスが崩れ女性ホルモンにも悪い影響が。 遅くとも12時には寝て7時間の睡眠を確保し、寝る前2時間は食べない、寝る直前のパソコンや携帯電話は控える、寝る前の熱いお風呂は控える、などの睡眠の質を上げる心がけをしてみて下さい。 女性ホルモンを増やすことは叶いませんが、心身からホルモン対策をすることができます。
冷やさないカラダづくりその3
からだを冷やさない血行の鈍りは女性ホルモンにも影響します。 血行をスムーズにし、体を温めることが大切です。 では、「体を温める」という観点でのポイントを以下にご紹介します。 まず、特に足先は心臓から一番遠くて冷えやすいので、足先を温める足湯や半身浴を取り入れましょう。下半身の血流がまわりだし、部分浴であっても、全身がポカポカと温まりやすくなります。 また、ふだんの生活から、カラダを冷やさないことも大切です。カラダを締め付けるものは、血行を鈍くして、冷えやすくするので、ガードルやハイヒールもできれば避けたいもの。仕事やTPOの関係で身に着ける場合は、その日の夜に念入りなストレッチやマッサージで滞った血行をほぐしてあげましょう。
ストレスをためない生活その4
アロマ ストレスと女性ホルモンの分泌は、密接な関係にあります。女性ホルモンを出す司令塔である視床下部・下垂体はストレスに弱く、長い間ストレスを受け続けることで分泌量を低下させてしまいます。 ストレスは、真面目な人、責任感の強い人ほど受けやすいもの。ゆらぎ期で悩む世代は、家庭のことや社会的な責任でストレスをためやすくなりますが、よりストレスと上手に向き合うことが求められています。 例えばアロマをたいて心身をリラックスさせる時間を作ったり、睡眠を規則正しくとることが大切です。無理なダイエットもストレスがかかりやすいので、心に余裕を持ちながら行うと良いでしょう。女性ホルモンを増やすということに意識を向けずに、整えるという方向で考えていきましょう。
カラダを積極的に動かすその5
ヨガ 増やすことができない女性ホルモン。しかし、カラダを動かし、血行とカラダの代謝を良くすることで、女性ホルモンにも良い影響を与えることができます。暮らしの中に軽い運動をまめに取り入れていくことが大切です。とくにヨガやストレッチは、ゆっくりカラダを動かせるうえ、深く呼吸をすることでカラダの緊張がやわらぐため、より効率的。 デスクワークをしている方は、特にこの血行と代謝が悪くなりがちなので、1時間に1回は立ち上がっての背伸びがオススメです。 
ドキドキとワクワクに挑戦その6
読書 ドキドキやワクワクを感じると、ドーパミンが大量に分泌されます。 ドーパミンを分泌する神経は、エストロゲンの分泌を指令する視床下部を通るので、エストロゲンにも良い影響が。ドキドキやワクワクを感じられるような小説・映画、音楽など、自身の趣味の中でも構いませんし、日々の日常生活においても、自身で新しい出来事や体験に積極的に挑戦することでもドーパミンは発生します。

女性の美と健康をサポートする商品特集
女性の美と健康をサポート!

女性ホルモンのコントロールに!
日常生活でできる女性ホルモン対策に
加えて、“女性ホルモンに似た働き”を
する成分を含有した大塚製薬の各商品
をご紹介します!

コラム 女性ホルモンに似た働きをする成分
知っていますか?
女性ホルモンに似た働きをする「大豆イソフラボン」
女性ホルモンに似た働きをする成分を、食品から補うことができるのをご存知でしょうか?
それは、大豆食品に含まれる「大豆イソフラボン」。女性ホルモンの1つであるエストロゲンと化学構造が似ており、よくこの大豆イソフラボンの摂取で女性ホルモンを増やすと誤解されますが、正しくはエストロゲンと“似た働き”をする成分。
特に40代以降、心身に変化を感じる女性特有のゆらぎ対策に、この大豆イソフラボンは期待されてきました。
女性の“ゆらぎ”対策に、減少する女性ホルモンを増やすことはできませんが、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを、大豆や豆腐や納豆、味噌などの大豆食品から、日々の食事で意識的に摂取することが大切です。
大豆イソフラボンと腸内細菌により産生。
大豆由来の成分「エクオール」
女性ホルモンの1つであるエストロゲンと似た働きをするとされてきた「大豆イソフラボン」。しかし近年の研究で、「大豆イソフラボン」のパワーの源は「エクオール」という成分であることがわかりました。
この「エクオール」は「大豆イソフラボン」が体内の腸内細菌によって変換されて作られる成分。
しかも、「エクオール」は「大豆イソフラボン」のままと比べて、より女性ホルモンに似た働きをするとも言われており、その働きぶりから、「エクオール」は“スーパーイソフラボン”とも呼ばれています。
「エクオール」の作られ方
では、「エクオール」はどうやって作られるのでしょう。 前述の通り、「エクオール」は「大豆イソフラボン」に含まれるダイゼインという成分が腸内細菌のチカラを借り、体内で変換されて生み出されます。 「エクオール」は「大豆イソフラボン」から作られるので、「大豆イソフラボン」を摂ることによって「エクオール」の産生につながるのです。 しかし、このエクオールを体内で産生させる上で、大きな落とし穴が1つ。
それは、この「エクオール」を、体内で作れる人と作れない人がいるということ。
実はこのエクオールを産生させるための腸内細菌を、日本人の場合、2人に1人しか有していないのです。
また、この腸内細菌は子供の頃にその種類が決まってしまうため、大人になってから、エクオールを作り出す腸内細菌を持つことはできないと言われています。

しかし、このエクオールは、現在はサプリメントで摂取することもできます。 女性ホルモンを増やすことはできませんが、似た働きの成分を補うことができるのです。是非活用してみてください。
女性の美と健康をサポートする商品特集
女性の美と健康をサポート!

大豆イソフラボンやエクオールに加え、
食物繊維やタンパク質など、
女性が摂取したい成分を含有した、
大塚製薬の各商品をご紹介します!

ようこそ!
ゲスト様
ログイン
会員登録

フリーワードで商品を探す

ブランドから商品を探す

健康飲料
ポカリスエット
イオンウォーター
アミノバリュー
エネルゲン
オロナミンC
ファイブミニ
ソイッシュ
スゴイダイズ
やさしいダイズ
ミルクのようにやさしいダイズ
栄養補助食品
賢者の食卓 ダブルサポート
大麦生活
カロリーメイト
ソイジョイ
ソイカラ
ザ・カルシウム
ジョグメイト プロテイン ゼリー
ジェルブレ
ボディメンテ(予約販売)
サプリメント
エクオール含有食品「エクエル」
ネイチャーメイド
ネイチャーズリソース
メディカルフーズ
オーエスワン
エンゲリード
プロセスリード
ハイネ
GFO
インナーパワー
セレクトショップ取扱商品
クリスタルガイザー
ヴィシーセレスタン
ジャワティ
マッチ
ミルクココア
野菜の戦士

目的から商品を探す

その他のコンテンツ

最近見た商品