オオツカ・プラスワン メールニュース|2017.12.22号
こんにちは。オオツカ・プラスワンの井上です。
今年も残すところ1週間ちょっととなりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
私は、クリスマスなんてそっちのけで大掃除をしたいな、なんて思っているところです。
さて、今号が今年最後のメールニュースとなりますが、来年も皆様のためになる健康情報をお届けしていきたいと思っております。
つきましては、今年のメールニュースに関する皆様の感想をお伺いしたく、アンケートへのご協力をお願いいたします!
 「いい国作ろう鎌倉幕府」。学生時代に覚えた歴史年号の語呂合わせの中で、最も記憶に残っているものではないでしょうか?しかし最近のほとんどの歴史教科書では、鎌倉幕府が成立した年は、源頼朝が征夷大将軍に任命された1192年ではなく、源頼朝が朝廷に日本全国への守護・地頭の設置を認めさせて実質的な支配を握った1185年を採用しています。研究の進歩が歴史を変えたのです。
 科学の分野でも、昨日まで常識だったことが、今日は常識ではなくなるといったことがときどき起こります。
 1930年代にアメリカのケロッグ博士が、小麦ふすまに便秘患者・大腸炎患者への影響があることを確認するまで、食物繊維は「体に吸収されない」「必要な栄養素まで体外へ出してしまう」食べ物のカスとされていました。
 これ以降、研究が盛んになり、1971年にイギリスのパーキット博士が「食物繊維の摂取量と大腸ガン発生のリスクの関係」を発表すると、急速に関心が高まりました。現在では、整腸作用のほか、体に取り込みたくない成分の吸収を抑える働きが注目されています。
 なかでも水溶性食物繊維の難消化性デキストリンには、糖分や脂肪の吸収を抑える機能があり、「食後の血糖値の上昇をおだやかにする」「食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする」特定保健用食品(トクホ)の製品もあります。
 年末から年始にかけては、家族や気の合う仲間と食事をする機会も増え、食生活が乱れがちです。特に「脂肪の多い食事を摂りがちな方」や「食後の血糖値が気になる方」、「食物繊維が不足しがちな方」は、スティックタイプで持ち運びに便利な難消化性デキストリンのトクホを試してみてはいかがでしょう。
歴史教科書の内容は、鎌倉幕府成立の年以外にも研究の進歩とともに少しずつ変わっています。例えば昔の1万円札に描かれていた聖徳太子の肖像画が今は消えています。それは「あの肖像は太子を描いたものではない」という説が有力になっているからです。さらに驚くべきは「聖徳太子はいなかった」という説も浮上していて、もしかすると歴史の教科書から聖徳太子の名前さえ消えてしまう日が来るかもしれません。
<参考>
「食物繊維を摂ろう!〜意外と知らない食物繊維〜」(大塚製薬WEBサイト)
大塚製薬の公式通販 オオツカ・プラスワン
オオツカ・プラスワンのメールニュースは、オオツカ・プラスワン会員にご登録いただいたお客様に配信しています。

※このメールはインターネットに接続した状態でご覧ください。
※ご利用のメールソフトの種類により、正しく表示されない場合があります。
※メールニュースの解除、購入した商品に対するご要望は下記リンクをご参考ください。
※本メールに返信しても、メールニュースの返信、購入商品のキャンセルは致しかねます。

会員登録・変更について
ID・パスワード・その他に関する質問
個人情報保護への取組み
配信停止をご希望の方

発行:大塚製薬株式会社 オオツカ・プラスワン
〒108-8242  東京都港区港南2-16-4
品川グランドセントラルタワー