オオツカ・プラスワン メールニュース|2018.6.22号
こんにちは。オオツカ・プラスワンの井上です。
「ソイジョイ クリスピー ピーチ」が新発売されました!
パッケージを開けたとたんに広がる華やかな白桃の香りで、オフィスの間食タイムがリッチな空間に早変わり・・・!
人気のオオツカ・プラスワン限定の「ソイジョイセット」にも新商品も加えた全11種類が入ってます!是非あなたのお気に入りの味を見つけてくださいね。

 雑誌やTVではスイーツ特集をよく見かけますが、茨城県庁25階の展望室にあるカフェの「納豆パフェ」をご存知でしょうか?2010年に発売して8年、今やお店の看板メニューになっています。
 発売当初は月に1個あるかないかの注文だったそうですが、発売から約6年後に、原料の大豆を北海道産からより粘りの強い茨城産に変更したところ、トルコアイスのような粘りと食感が楽しめると話題になり、今では月に約40〜60個も注文が来る人気商品に。今月に入ってからは月に100個超のペースで売れ続けていて、さらなる「伸び」が期待されています。
 納豆パフェの粘りは納豆特有のネバネバが由来です。納豆を作り出す納豆菌が大豆のタンパク質を分解してアミノ酸のひとつであるグルタミン酸にし、さらにこれをつなぎ合わせてポリグルタミン酸を作ります。これがネバネバの正体です。
 大豆は「畑のお肉」といわれるほどタンパク質が豊富で、重量の約3分の1を占めるタンパク質(乾燥大豆の場合)がネバネバと深く関係しているのです。実際に他の豆を納豆菌で発酵させたところ、タンパク質を25%含むピーナッツでは同じようにネバネバができ、20%の小豆ではできなかったそうです。
 また、大豆は「ミラクルフード」とも呼ばれ、タンパク質のほか、食物繊維や大豆イソフラボン、大豆レシチン、カルシウム、鉄分などの栄養を豊富に含むうえに、コレステロールは入っていません。納豆のネバネバや独特の臭いが苦手という方は、大豆まるごとの焼き菓子を毎日の食事や間食に取り入れて、不足しがちな栄養補給に活用してください。
最新の健康寿命ランキング(2016)で茨城県は男性9位、女性8位と上位につけています。県庁のある水戸市は、2016年の1世帯当たりの納豆支出金額が全国1位だったのが、翌年には3位に転落。同市は1位に返り咲くために納豆消費を促しています。ミラクルフードである「大豆」によって、ますます健康寿命が「伸び〜る」かもしれませんね。
<出典>
2018年6月10日 朝日新聞
2014年10月11日 朝日新聞
総務省家計調査
厚生労働省 第11回健康日本21(第2次)推進専門委員会

大塚製薬の公式通販 オオツカ・プラスワン
オオツカ・プラスワンのメールニュースは、オオツカ・プラスワン会員にご登録いただいたお客様に配信しています。
※このメールはインターネットに接続した状態でご覧ください。
※ご利用のメールソフトの種類により、正しく表示されない場合があります。
※メールニュースの解除、購入した商品に対するご要望は下記リンクをご参考ください。
※本メールに返信しても、メールニュースの返信、購入商品のキャンセルは致しかねます。

会員登録・変更について
ID・パスワード・その他に関する質問
個人情報保護への取組み
配信停止をご希望の方

発行:大塚製薬株式会社 オオツカ・プラスワン
〒108-8242  東京都港区港南2-16-4
品川グランドセントラルタワー