ダイエットにチャレンジしたい方に!メタボ対策レシピ特集

健康診断の結果で内臓脂肪が気になり始めた方も
いらっしゃるのではないでしょうか?
塩分や脂肪分が多い食事を控え、食生活を見直していきましょう。
簡単に作れる、メタボ対策のレシピをご紹介します。

シャキシャキ食感がアクセント!長いもと長ねぎの梅そうめん風


そうめんに見立てた長いもで満足感のある一品。長ねぎをたっぷり加えることで、血流を良くして身体を温める効果も得られるので冷え性対策にもなります。また、長いもを生で食べることで、豊富な消化酵素を効果的に摂取できます。中でも長いもに含まれるアミラーゼという消化酵素は、糖質の消化を促してエネルギー代謝をアップさせる効果が期待できます。
材料(2人分)
長いも:150g
長ねぎ:1/2本
梅干し:1個
だし汁:1/2カップ
しょうゆ:大さじ1
みりん:小さじ2
塩:少々
1人当たりの栄養成分量
カロリー タンパク質 脂質 糖質 食塩相当量
73kcal 2.6g 0.2g 13.8g 3.4g

作り方

  1. 長いもは皮をむき、水にさらしてあく抜きしてから、細く千切りにする。食感が残るように繊維に沿って縦に切る。(千切りのピーラーなどを使うと良い。)
  2. 長ねぎは縦半分に切り、3cm程度の斜め切りにできるだけ細く切る。
  3. 梅干しは種を取り、包丁で粗みじんに刻んでおく。
  4. だし汁、しょうゆ、みりん、塩を鍋でひと煮立ちさせ、冷やす。
  5. 器に①の長いもと②の長ねぎを和えながら盛り付け、④をかけ、③をのせる。

さっぱりヘルシー!チンゲン菜とキャベツとささ身のサラダ

低脂肪で良質なタンパク質を含む鶏ささ身に、油を極力抑えたドレッシングを合わせたダイエットにぴったりな一品です。チンゲン菜にはビタミンAやカルシウムの他、むくみ解消が期待できるカリウムが豊富に含まれています。
材料(2人分)
チンゲン菜:1株
キャベツ:50g
鶏ささ身:2本
酒:大さじ1
塩:少々
しょうゆ:大さじ2
酢:大さじ2
みりん:大さじ1
ごま油:小さじ1と1/2
いりごま(白):大さじ1
1人当たりの栄養成分量
カロリー タンパク質 脂質 糖質 食塩相当量
166kcal 14.1g 5.9g 8.8g 3.2g

作り方

  1. チンゲン菜の根元を切り落として3cm程度にぶつ切りにし、さらに縦に細切りにする。
  2. キャベツは千切りにする。
  3. ささ身を耐熱容器に並べ、塩と酒をかけ、ラップをして電子レンジ(600w)で1分20秒加熱する。粗熱が取れるまで置いておき、冷めてからひと口サイズにさき、冷蔵庫で冷やす。
  4. 残りの調味料をよく混ぜ合わせてドレッシングを作る。
  5. 器に①、②と③のささ身を盛り付け、ドレッシンングとごまをかける。

豆乳を固めるだけ!豆花の黒みつがけ

豆乳をゼラチンで固めて作る、豆乳本来の風味を味わえる低カロリーデザートです。豆乳は血清コレステロールを低下させる働きのある大豆タンパク質を豊富に含んでいます。豆乳に豊富な大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、美肌・美髪に効果も期待できます。
材料(4人分)
豆乳:250ml
水:100ml
粉寒天:1g(小さじ1/2)
砂糖:大さじ2
アーモンドエッセンス:5滴
黒みつ
黒砂糖:50g
水:大さじ2
1人当たりの栄養成分量
カロリー タンパク質 脂質 糖質 食塩相当量
92kcal 2.6g 1.3g 17.6g 0g

作り方

  1. 鍋に水、粉寒天、砂糖を入れて火にかけ、沸騰後1分間加熱する。
  2. ①へ豆乳とアーモンドエッセンスを入れて混ぜる。
  3. 粗熱が取れたら保存容器などに移し、冷蔵庫で冷やす。
  4. 黒みつの材料を合わせ、とろみが付くまで煮る。
  5. 器に③を盛り付け、黒みつをかける。
ヘルシーレシピTOPはこちら